ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和6419日号第1418回
鷹嶋 ちた

海渡るフォルトゥーナ

ISBN 9784344944046 判型 4-6 304ページ
海渡るフォルトゥーナ

織田信長が台頭した天正の世、キリスト教の布教のため黒人従者のマトぺ(弥助)とともに日本に赴いたイタリア人巡察師のヴァリニャーノ。その心には常に、ローマ教会音楽を確立させた音楽家・パレストリーナの教えがあった。
時を同じくして、千宗易(のちの千利休)は「御茶湯御政道」によって時の権力者たちの信頼を勝ち取りながらも、万人が分け隔てなく楽しめる真の茶道を追求していた。
信じるものは異なっていても、安寧な世を求める心は等しい。波打つ時代の狭間で両者の心が邂逅するとき、海を越えて歴史が大きく動き出す――。
日本と西洋が出会った天正の時代を情緒豊かに紡いだ歴史物語。

価格:1650円 +税

掲載記事