適切性の判断ポイント

 

(1)全ての要件が利害関係者によって検証されているか。

(2)優先順位に利害関係者が合意しているか。

(3)プロジェクトのリスクと対策が適切であるか。

(4)システム開発によって影響を受ける業務を明らかにし、管理体制、諸規定などの見直しを実施しているか。

 

解説

資源とはソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク、人(システムの開発・テスト・運用・保守などに携わる人)、サービス(クラウドサービスなど)などがあります。

 

解説

予め、プロジェクト運営委員会がPM に調達方法を明確にして調達業務を実施するよう指示しています。

プロジェクトマネージャー(PM)の実施事項

(1)要件定義書に基づき、調達の要求事項を明確にする。

(2)調達先を客観的に評価するための評価基準を定める。

(3)競争入札を行い、複数の調達先を比較し評価する。

(4) パッケージソフトを調達する場合は、禁止事項、付帯サービスの内容、バージョンアップ条件を確認する。

 

調達の要求事項作成にあたっての考慮事項

(1)組織の情報システム戦略から逸脱していないか。

(2)人的資源の調達には、求めるスキル、人数、期間を明確にしているか。

(3)資源が必要となる時期、予算を明確にしているか。

(4)プロジェクト運営委員会の承認を得ているか。

 
※本記事は、2021年5月刊行の書籍『情報システム超入門』(幻冬舎メディアコンサルティング)より一部を抜粋し、再編集したものです。