ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

令和6416日号第1415回
森下 修作

ノスタルジア

判型 電子書籍
ノスタルジア

淀んだ溜め池を臨む作業場(アトリエ)の窓辺にたたずみ、修作は過ぎ去った日々にとりとめなく思いを馳せる。
幼き日の不安定な境遇、高校・美大受験での挫折、実らずに終わった恋愛の数々、職業生活の蹉跌——
家庭にも社会にも居場所を見出せず、自己との折り合いもつけられぬまま、ひたすら孤独の裡に生きてきた人生。父の期待を裏切り続けたことへの贖罪の思い、ひととき思いを交わし合った女性たちへの追憶。常に生きづらさを抱え、愛を求め続けてきた半生を振り返り、狂おしく紡ぎ出されるモノローグの中、修作は改めて思い至る。
文学、美術の創造行為のみが変わることなく自身の救いであったことに。

価格:990円 +税

掲載記事