春の景

 

謹呈の 花の便りに 筆重く

 

つちふるや 湯船に沈む 手の白さ

 

黄砂降る 岩波文庫 伏せしまま

 

【前回の記事を読む】句集『バーの二階で』より三句

※本記事は、2023年7月刊行の書籍『バーの二階で』(幻冬舎メディアコンサルティング)より一部を抜粋し、再編集したものです。